高垣彩陽 Memoria×Melodia II (2018-10-7)

心拍数グラフ

f:id:khwarizmi:20181009182700p:plain
高垣彩陽 Memoria×Melodia II(2018-10-7)

セットリストは以下を参照
LAWSON presents 高垣彩陽コンサート「Memoria×MelodiaⅡ」セットリスト - もう、そうするしかない!

Rebirth-dayの真ん中でバンドが入って,観客が起立するのかしないのか?みたいな感じでドギマギしてたのは楽しかった。心拍数グラフにも断層が見える。
ピアノと弦楽四重奏の音を"Try to reach"の音源がつんざき,ドラムの音が入るあの瞬間はホントかっこよかった。ただ,地味にすごいゆっくり目の弦楽四重奏アレンジのRebirth-dayの方が好きだったり。あれは良かった。Somewhere Out Thereで,いないはずの共演者がいる!みたいな怪演を見せた後だったからなおさら,ハラハラと消えていくような切ない歌詞が刺さった。

想定外だったなあと思ったのが,Can't Take Off My Eyes。心拍数が尻上がりに上がっていっている。聞いていてどんどん楽しくなって来たのが心拍数にも現れている。昔の歌を今歌う。当時はこれで楽しく踊ったらしいですよみたいな気分で楽しむわけじゃなくて,今の感覚として,アニソンを聞くオタクとして全力で楽しむ。それが出来た不思議な空間だったなあと。
心拍数的にはその後のシンフォギア曲がピークで,そりゃ当然という気分に。特にMeteor Lightはかなり久しぶりなのでなんか振り切れた感がある。
通常進行最後の糸は,melodia 4のバージョンだと最初の「なぜ」のくだりで涙腺が崩壊してしまう凄まじい曲なのだけど,そこまでの破壊力はなかった。ちょっと力強過ぎる。でも,中島みゆきの「横の糸は私」の「私」は何か中島みゆき本人じゃない感じがどうしてもしてしまうのだけど、高垣彩陽の場合には、自分が横糸って感じが伝わってくる。今この曲をみんなで奏でて、みんなで聞いている,その空間にいるみんなを繋いでいる横糸である私と純粋に届いてくるのが暖かく嬉しい。最後の「人は幸せと呼ぶでしょう」で,ああ確かにこの空間は幸せだねと感動があふれでるような構成

通常構成が終わってからアンコールの間は,揉めたけど拍手に落ち着いたらしい。
アンコールの生きていると教室モノクロームはどちらもキャラになりきっているという意味で,圧巻。キャラソンをどうやったらあんなにキャラの声でそのまま歌えるのか。芸風の広さと確かな技量がやばい。あと,教室モノクロームの歌詞を聞きながら,もうクリスの平和な世界を壊すようなシンフォギアの続編はいらないみたいな謎の気分になる。

そして,アンコール後のたからもの。まあ,relation of colorsのときも締めはこの曲だったはずなんでそんなもんかなんだけど,歌詞があまりにも切ないから,なんかこれが最後のライブなんて言わないでよみたいな気分になる。
高垣彩陽のコンサートに行くたびに,心拍数だけがライブじゃないって改めて思う。しかし,今度ミュージカルやる(SMOKE)ってのを把握してなかったのは痛恨。まだ意外と席空いてたので,今週末にでも行く予定。
musical-smoke.com